スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未来の食卓@シネマ・アミーゴ 

食卓から始まった小さな奇跡が、人々の幸せを紡いでいく
南フランス・バルジャック村の1年間を描きオーガニックブームを巻き起こしたドキュメンタリー!!


20091002_2730519.jpg


<ストーリー>
美しい自然に囲まれた南フランス、バルジャック村。ショーレ村長は子供たちの未来を守るため“学校給食と高齢者の宅配給食をオーガニックにする”という前例のない試みに挑戦しました。大人たちは「オーガニックは値段が高いのに、村の財政でまかなえるのか」と戸惑っていましたが、オーガニック給食や学校菜園での野菜作りを通して自然の味を覚えた子供たちに巻き込まれ、小さな村は少しずつ変化していきます・・・

::::::

地元の映画館、シネマ・アミーゴでただいま上映中。
近所でこんな映画が見れるなんてステキ。
お見逃しなく!

10/2ー10/16

昼  2:00~
夜  7:00~

シネマ・アミーゴのブログ http://cinema-amigo.jugem.jp/ 
(こちらのほうが最新情報です)

シネマ・アミーゴのサイト http://cinema-amigo.com/
 

第9回葉山まちづくり展 

第9回 葉山まちづくり展」が、
 10月1日(木)~4日(日)まで、
 葉山町立図書館2階ホール 並びに町内各所で
 開催されています。



主催:第9回葉山まちづくり展実行委員会
後援:葉山町教育委員会

----
以下、葉山環境文化デザイン集団のサイトより
:::::::::::::::::

葉山環境文化デザイン集団は、例年通り、ホールでの展示と共に、まちづくり展関連イベントとして、「子ども未来遺産・葉山から」と題したキックオフ シンポジウムを、発起人の一団体としてNPO法人学舎KOCOと共催で10月3日(土)に開催します。
子どもたちへ伝えたいこと、体験させたいこと、など、葉山の恵まれた環境を次世代に継承していく鍵が教育にあることを参加者と共に考えます。
当集団代表・柳沢光二の基調講演もありますので、是非ご参加下さい。


machidukuri09.jpg

鎌仲ひとみ監督特集@CINEMA AMIGO *zusi 

top-0909-3.jpg

逗子にあたらしくOPENした話題の映画館+カフェ+BAR
「CINEMA AMIGO」

週代わりのメニューで毎晩8時からAMIGOセレクションの映画を上映しています。

9/13からの週は鎌仲ひとみ監督特集。
なかなかみる機会のない昔の作品も上映。
この貴重な機会にぜひお出かけになってみてはいかがでしょう。
かなり素敵なスポットです。
お昼は日替わりでシェフがはいり、おいしいランチも食べられます。



鎌仲ひとみ監督特集
 9/13(sun)~9/20(sun)

鎌仲ひとみ監督特集 http://ameblo.jp/rokkasho/

:::::
日本に限らず世界の核問題のドキュメンタリーをとり続けてる鎌仲ひとみ監督特集をやります。
幻の処女作、80年代のバリの踊りを踊るおじさんの一家の物語「スエチャおじさんーバリ・夢・うつつ」から現在製作中の「ミツバチの羽音と地球の回転」のプロセスである「ぶんぶん通信vol2」まで鎌仲監督作品を一挙公開。NHKで放映され本にもなった「エンデの遺言」もNHKからの好意で特別に上映許可がおりました、その日は無料上映となります。
(CINEMAAMIGO館長)


上映スケジュール

13日(日)19:00 「ヒバクシャ」

14日(月)20:00「スエチャおじさんーバリ・夢・うつつ」

15日(火)20:00「エンデの遺言」

16日(水)19:00「六ヶ所村通信no1、2、3」

17日(木)20:00「六ヶ所村ラプソティー」

18日(金)18:30「どうしてあるの著作権(これだけ上映可能か未確定です)」20:00「六ヶ所村通信no4」

19日(土)18:30ぶんぶん通信vol120:00ぶんぶん通信vol2

20日(日)19:00 「ヒバクシャ」

この期間中のSTOP再処理全国一斉署名が行われています。賛同される方はご協力おねがいします。

洋之介ファンフェスタ 親子チャレンジ2009 

洋之介ファンフェスタ 親子チャレンジ2009
葉山・作って!食べて!楽しむ!海の運動会



ファンフェスタ-1
ファンフェスタ-2

◇日時  2009年9月6日(日)10:00-16:00

◇場所  葉山・葉山公園/大浜海岸/一色海岸


くわしくは
http://members3.jcom.home.ne.jp/yonosuke-fanfesta/fan/fan.html

あるく学校by葉山景観調査団 

あるく学校

葉山景観調査団が続けているフィールドワーク「あるく学校」のお知らせです。
その地域ごとにもっている景観を歩いて見つめ直し、発見していくことで心地よい町の景観や暮らしを探っていく試みです。

++++++++

8/22(土)9:00 バス亭「葉山」(御用邸の対面)集合
12:30頃までまちあるき(~葉山小~木下方面)
13:30頃から図書館でワークショップ

今回も暑さに負けないよう、少し早いスタート(9:00)になります。
御用邸前のバス停から下山川沿いを歩き、旧道が通る高台を越えて
町役場横の花の木公園で小休憩、堀内の隠れた名こみち(と密かに私が思っている)を経て、外観だけですが葉山には珍しい洋館を2軒眺め、トンネルを越えて、木の下のこれもまたすてきな生垣のこみちをたどり、図書館が最終地点です。

また、「あるく」のと同じくらい大切にしている「話し合い」。
その日撮影した写真をその日にプロジェクターで見ながら皆さんで
「なぜすてきだと感じたか」を語り合います。


申し込み(要予約)
090-2312-2257(野中)

++++++++



「葉山景観調査団」団員募集のお知らせ

葉山町は景観計画2008(案)、景観条例骨子(案)を見直すことになりました。

これを受けて、葉山まちづくり町民会議・景観まちづくり委員会では、町民有志による葉山町の景観基本調査を行う「景観調査団」を発足させ、スタッフを広く公募してすすめることにしました。
調査期間は2009年4月1日~2010年3月末日の1年間の予定です。
この景観調査団の活動の成果を受けて、葉山町は景観計画を見直すと議会で答えています。
 景観調査団は、葉山で暮らす人たちが大切に思っている海、山、川の自然な風景、なつかしい漁村や里山の暮らし、緑に囲まれた別荘地や佐島石の小路、慣れ親しんだ社寺や古い家、年月を重ねた樹木、花火やお祭、夏の海辺などの風物詩、整然とした住宅団地、緑豊かな住宅地など、葉山のいたるところにある居心地のいい場所、印象的な風景、楽しいひと時など、「葉山らしい景観」を自分の目線でひろいだし、集める作業を住民主体で始めようという趣旨で企画いたしました。
4月から葉山全域を9つの地域に分けて、毎月1回フィールドワークを展開します。葉山のすてきなところをみつけて、これからの葉山町の景観のあり方を、みんなで考えてゆきましょう。
団員年会費/3,000円(団員の方は、「フィールドワーク」の参加は無料です。)

〈入会お申込み・お問合わせ〉    葉山景観調査団 事務局
     〒240-0112       
      三浦郡葉山町堀内1863-9
      TEL&FAX:046-802-2022(矢部)


あるく学校 (フィールドワークとワークショップ) のスケジュール
 4月11日(土)/上山口         9月19日(土)/下山口・一色 海辺エリア
 5月30日(土)/葉桜住宅・イトーピア  10月10日(土)/堀内・一色 団地エリア
 6月20日(土)/長  柄       11月 7日(土)/木古庭
 7月25日(土)/堀内海辺エリア 12月 5日(土)/下山口
 8月22日(土)/一色・堀内 住宅エリア 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。