スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧石井・朝吹邸跡地開発の公聴会 

葉山では「音羽楼跡地」に続き、「石井・朝吹邸跡地」もまた趣のある木々が形成する豊かな樹林帯が一本残らず伐採され、宅地造成されるという開発の対象になり、その期日がせまっています。
それらはいまや数少ない葉山の住宅地の中の樹林帯としてたいせつな存在です。

石井邸1石井邸2

長年木々たちの与えてくれる力に支えられ、助けられ、暮らしてきた
周辺住民はなんとか既存樹木を残せないものか、と町に掛け合い、
様々な方法を模索してきましたが、町は無策でした。
葉山まちづくり条例では緑地はまったく守られないようになっているのです。
この地区は「近郊緑地保全区域」に指定されている所でもあり、
であるならば、木々の伐採は当然許されていないだろう、と
住民は期待を持って条項を見てみるのですが、
現在の葉山町には既存樹木を守れる制度はナイ!に等しいのです。
緑地保全区域指定の意味っていったい??

したがって、法的にはこの開発には何も落ち度がないのです。
ましてや他人の財産であり、口をはさめる権利などなく。

けれどもわたしたちがこういった開発行為に異議を唱えるのは
周辺の緑が無くなることの衝撃はもちろん一番大きいのですが、
こういうことがこの先も続いていっていいのか、という地球に生きる
生命体の一員としての危機感を無意識裡にも感じ取っているからではないでしょうか。決して自分たちの周辺だけに意識を向けているのではない、そのレベルに住民はいるでしょう。まちづくりの基本の思想を問うているのですが、行政がついていけていないのです。
もちろん住民サイドも自らへの規制が必要なのはいうまでもありません。

これからの人の暮らしはすでにそこにある優れた環境との、かしこい、
センスのある折り合い、クリエイティブな活かし合いこそが必要で、そうしたものを’今の地球人’は実は直感的に心底望んでいるのだと思います。

そこにある、そのままで素晴らしい、あることで多くの生き物に安らぎを与えてくれる環境が、お金だけのためにある日、永遠に失われる。
木も命を持ったたいせつな一員。野鳥や昆虫や猫たちが長年つくり出してきた、人間のものだけではない緑の空間。
人間が頭の中で考え図面を引いた小さな景観に囲まれているなかで、このような永らく人の手を離れ、自然の姿に戻りつつある場が存在してくれていることは、私たち生物には計ることができないほど大事なことなんだと思います。それがいままですぐ近くにあったことにはとても感謝しています。
伐られる木々たちのために祈ります。

わずかな、でもわたしたちには手の届かない、お金というもののために
すべて潰し、即成で粗悪なものへと変えてしまう、安易な経済活動の成り立ち、その根本に誰もがおおいに疑問を感じていることでしょう。
すぐそばの今回の開発をきっかけに、あらためてヒトが地球で暮らしていくことの意味、あるべき豊かな共存の姿を考えさせられます。


旧石井・朝吹邸跡地開発の公聴会

2/16(土)2:00~
@下山口会館
 


公聴会はこれまで葉山町では一度開かれただけで、今回が2度目です。公聴会とは町の仲介のもとで、開発業者と住民代表がそれぞれの立場で意見陳述し、町長は後日意見陳述結果を踏まえ、開発に同意するかを決定します。今回のことは今後のまちづくり条例改正や景観条例の内容に影響を与えるでしょう。

町民ならどなたでも参加できます。
この日に発言できるのは意見陳述書提出者だけなのですが
傍聴だけなら当日来ていただくだけでOKです。
出席だけでも町の姿勢を問う表明になると思います。
どうかたくさんの方のご臨席をよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト

やんばるの森からのメッセージ 

ヤンバルの森からメッセージが届きました。
どこもまず犠牲になるのは先住の生き物たちです。
そしていちばん大切なものがいつも真っ先に失われていきます。
できることから動いて、声を届けていくことで
すこしでもよいこの先へと繋がることをイメージしてみます。

*やんばる東村 高江の現状*
****************************

<ヤンバルより>
沖縄、やんばると呼ばれる豊かな森に、今、米軍のヘリポート
がつくられようとしています。地元の人たちは建設に反対する
ための座り込みをしたり、署名を集めたり、必死にがんばって
おられます。UAさんや山道康子さんも、応援に来られているそ
うです。私も現状を知って、情報が殆ど知らされていないこと
に驚きました。

27日に日本テレビで高江の現状をリポートした番組が放送され
ます。メディアに取り上げられることは世論が盛り上がる大き
なきっかけになります。
出来れば、放送があることをたくさんの人に伝えてほしいです
。そして、放送後テレビ局に感想などをなるべくたくさん送っ
てほしい。反響がたくさんあると、再放送されたり、他でも取
り上げられたりすることがあります。

遅い時間ですが、是非御覧になってみてください。宜しくお願
い致します。


(以下番組HPより)
2008年1月27日(日)/30分枠
音 の 記 憶~ヤンバルの森と米軍基地
制作=日本テレビ(東京では0:50~)

「クゥェーキッキキキー」沖縄本島北部=ヤンバルの森に、日
の出を告げるのは絶滅危惧種ヤンバルクイナだ。他にもノグチ
ゲラなど小鳥のハミング、木の葉の触れ合う音や、せせらぎ…

しかし今、このヤンバルの「森のシンフォニー」が脅かされて
いる。米軍北部訓練場は一部返還が決定した。一方で07年7月
、東村高江にヘリコプター着陸帯の移設が決まったのだ。住民
は座り込みで抵抗するがたった140名の孤独な闘い…。
番組ではヤンバルの森の音と軍事訓練を5.1chサウンドで収
録、再現。米軍基地移設問題を臨場感ある「音」から考える。
ナレーター:江守 徹

身近な野生 

箱根山椒魚と葉山のタヌキ


葉山からは海をはさんで対岸に連なって見える箱根・丹沢の峰々・・
そこに棲むハコネサンショウウオが激減しているらしい。
当然のこと。。
いまだ生息している、ということのほうがニュースになりそうな環境悪化のもと、それでもまだ居てくれたのがフシギなくらいだけど、いよいよ絶滅が危惧されるとのこと。
この美しい星に生まれてきて、
でもまわりには気持ちよくない水しかなくて、それしか知らなくて
仲間に出会えない世界に生きている彼ら。

それっていったいどういうことなんだろう。

先日庭で見慣れぬ生物が猫の餌を食べようとして、猫に騒がれていた。
一瞬なんの生き物か判別不可能なほど、毛が抜けたハゲハゲの、
それはタヌキ。
まれに見かける彼らは奇々怪々な姿になっている。
凍てつく夜が続くこの冬、毛がなくてはおそらく生き抜けないだろう・・

私たちはいったいなんのために地球で生きているんだろう。

ヒトの営みによって追いつめられて生きる場を失って
やがて知らぬ間にこの世界から永遠に姿を消していくものたちが確実に存在する。
日々、世界ではそれは膨大な種にのぼる。

すべての命は繋がっています。
多様性を失った世界はなんてつまらない、ひ弱なものかと思います。
生命の溢れる、命の全うできる星であるために
多様な命の存在を可能にするために
ヒトという種は今なにをしなければいけないのか、
なにをしてはいけないのか、
それを自覚すること、
それがわたしたちが地球に生きている意味なのかもしれない、
とtaneたちは思ってみたりします。

御礼 

ECO SEED FUNDのために「新春お好み演芸会」を開催いただき、
どうもありがとうございました。

tane1, tane2, tane3, それぞれよりの御礼を申し上げます。


tane1より

1.11みなさまありがとうございました。
そうか、これまでの繋がりって、こういうことのためにあったんだ、とウッカリ思ってしまうほど、すぐにソレっと動いて形をとれる体制ができている、この輪っかの底力にあらためて、ナンテすごい奴等の集まりなんだ!と呆然とするほど大感動の一日でした。
サイコウにカックイー音で踊りまくり、おかげでこの激務由来の身体の不調、ぶっとびましたー

すぐそばに生えている野生の草と関わり、多くのエネルギーを使う流通にのることのない、モノづくりをめざし素材はすぐ近くの「そこに在るもの」でなんとか調達しようと「草の布」を作りはじめて十数年、展覧会のおりおりに、あるいはさまざまなメディアで、地道にメッセージを発してきましたが、この今の葉山の事態はそんなことでは間に合わない、こうしちゃらんネエ、とどこか無鉄砲な私の腰が浮いてしまい、動かないではいられない、気がつくとtanezokというチームができていました。

身近な自然への配慮を考えた動きをワクワクしながら興して行くことでヒト以外の生き物、動物だけでなく、木々も含めてその命を尊ぶ結果に確実に繋がるようにしたいと思っています。

私たちはもっと不便(所謂)な生活を選ぶべきだとおもいます。
それを楽しむ心、工夫する智慧こそがこれからの地球人には不可欠です。
もう物質の豊かさはいいでしょう。余計なことがあふれすぎています。
それらを小さなこの町の中でできることから削ぎ落として、シンプルで心地よい質素さの世界の具現を浮き彫りにしたい。幸いというのか、不便で質素な生活にかけては最先端の(!)、冬も家の中はしっかり寒いわたしたち3人の暮らしです。

今回のお好み演芸会でいただいたECO SEED FUNDはその具体的な動きに使わせていただきます。
こういうことやってよ、やろうよっていうことがありましたらドンドン言ってください。
そしてそれぞれが思うことをやりましょ!
わくわくの動きのリンクをつくっていこーよ。
what a wonderful worldへ

Yard Promotion, Oasis crew,出演の皆さん、来場の皆さん、
ほんとうにありがとうございました。サイコーでした!

LOVE and RESPECT    tane1



tane2より

先日は、新春お好み演芸会にお越しいただきありがとうございました!!
葉山にお世話になって11年 豊かだった葉山の緑と空き地が次々と消えて行く 
木々の悲鳴を聞き続け、やめてほしい!と 祈り続けていましたが、
次には、『三浦半島をぐるり1周コンクリートで囲む』なんていう、とんでもない計画が控えていた事が明らかに!!
あまりにも自然を無視しすぎだよーと、涙が溢れた。
それからしばらくして 『種族』が生まれた。
そして、Yard Promotion、Oasis Famliy&Oasis Crewが立ち上がった。

自然と共にあることの大切さ、地球本来の営みから恩恵を受けて活かされている私たち
いつまでも いい気になって人間の便利さだけを求め続ければ調和は生まれにくい。
自分のこころが何を求めているのか気付かなければ、調和は生まれにくい。
苦しみ、嘆き、悲しみ等々の体験は愛を学んで行く途中、いつの日かこころ晴れ晴れユニークな自分の道を歩き続けて行けると思う。純粋な気持ちを分かち合い、みんなで成長して行こうー!!
改めて、決心した 2008年1月11日(金曜日)、
老いも若きも個性的な表現に大いに喜び合い、大いに笑い合い うれし涙がドバドバ流れました。
浄化でした。

葉山が変われば日本が変わるはず!(言い過ぎ?)
意識は高く、実行は足下から~。行くで~~~!
たくさん笑って これからもよろしくお願いします!  tane2



tane3より

1月11日、人生のおもいでにのこる日になりました。
こころから、ありがとうございました。

愛知より、秋谷にこしてきて2年。
葉山にこしてきて、1年ちょっと。
仕事の移りさきがこの町でした。

ほんとうにたくさんのすてきなひとたちと縁させてもらっています。
そんななか、たね1とたね2にも会いました。
いつもまっすぐな姿勢と、あたたかなこころをもつ2人です。

どこに住んでいても、どこを旅していても、かならず遭遇するなにか。
いま葉山にいておこっていること。
こころのなかで信じているせかいに向かっていけれたら、いいな。
そうあれるように、歩くことがちからになっていい方向へいくんですもんね。

あの日のちからが、またあたらしいみずのながれを生んだ気がしています。
Yard Promotionさん、Oasisのみなさん、芸人のみなさん!
めちゃんこ楽しかったです!!
ありがとうーーー!!!

ぼくもいい種をもってかえれました!

たね3より

サーファー 六ヶ所村へいく 

逗子・葉山・鎌倉のサーファーたちが
六ケ所村の放射能再処理施設の稼働によって汚染される海のことを
伝えるため、自分たちへの答えを探るため、
各地の海仲間とコミュニケーションをとろうと、北へ旅立った、
「WAVEMENT」

その記録映像。
よいです。
http://6rhapdiary.blogspot.com/

「葉山町長立候補者に対する町民からの公開質問会」 

「葉山・本当のところ・・
 どうなの?!会

1/12(土)2:00~4:00
@一色会館


どうなの会

葉山の若者たちが町長立候補者の公開質問会を企画しています。
実際に候補者に質問してお答えいただける機会です。
あらかじめこちらで質問をお渡ししてそれに答えていただきますが
最後にフリーな質問時間も設ける予定。

主催側はどの候補にもフェアでピースな分かち合いの場にしたいと願っています。
みなさん私たちの代わりに大変な責務を覚悟で出てくださるのですから。
ぜひご参加ください。

*ECO SEED FUND*のための「新春お好み演芸会」 

葉山の友人たちが、身銭を切ってなにかとやり始めたtanezokを応援してくれようと(感涙)エコチャリティということでイベント第一弾『新春お好み演芸会』なるものを催してくれます。

1/11(金)3時~8時半
@逗子文化プラザ さざなみホール
入場料 1000円


新春お好み演芸会

夏の森戸海岸海の家OASISのクルーとその友人たちが勢ぞろい。
なんて豪華なんでしょう。身に余りすぎです。
ま、自分たちが楽しもう、ってことの口実に使ってくれてるのでしょうし、そもそも趣旨を知らない方のほうが多いかもしれず、そうだと気がラクですが、にしてもこのメンバーがチャリティで・・すごい

この収益(あった場合・ね!)はECO SEED FUNDという口座を作って、ひとまずそこにプールされます。(ほんとは未来バンクとかにできたらと思ったのですが、どうも預金はできないみたいです。)これからの私たちの活動の資金(紙代・インク代・会場費等)にも使えますし、環境に関する動きをしたい人たちのために提供できるといいなと思っています。
ほんとにありがとう!
1.11たのしみです。
みなさまどうぞいらしてください。

Don't miss it!

これまでのtanezok活動↓

続きを読む

田中優さん講演@逗子 

環境シンポジウム
地球温暖化とエネルギー問題を考える

<田中優さんプロフィール>
地域での脱原発やリサイクルの運動を出発点に、環境、経済、平和などのNPO活動に関わる。
未来バンク事業組合』理事長、『ap bank』顧問
『日本国際ボランティアセンター』理事、
『揚水発電問題全国ネットワーク』共同代表、
『自然エネルギー推進市民フォーラム』理事、
『足元から地球温暖化を考える市民ネット』理事等を含め活躍中
著者に環境破壊のメカニズム・日本の電気料はなぜ高い・
どうして郵貯がいけないの・非戦などがある

*tane3が第二部の「若者と田中優さんによるトークセッション」で参加

1/6 13:00~17:00
逗子文化プラザ 市民交流センター 2F会議室
主催:TEAM GOGO!逗子葉山 環境シンポジウム実行委員会
(事後告知になりましたが・・)

種族-tanezok 

葉山のこれからの環境を
いっしょに考えていきましょう


かけがえのない、海のこと、山のこと、川のこと、木々のこと、
ここに住む人と生き物たちのこと


tanezok

・・・・・・・・・・・・・

taneたちは葉山の住民です。
古い家を借り、のんびりしみじみ質素に暮らしています。
この数年まわりの海や川や山、町の中で急速に開発がすすみ、どこかおかしくなってきてるな、このままではよくないなあ、と感じながら過ごしてきましたが2007年、真名瀬の浜を始めとする大規模なコンクリート投入の公共工事が進められていることを友人が調べ上げて追及する動きをつくったのをきっかけに工事の中止、見直しを求めるサポートに関わろう、と突如腰をあげ、そのチーム名をtanezokとしました。
ただわたしたちはそれぞれいつもはまったく違うことをしている素人なのでその素人感覚で、地域の友人を巻き込んで、素朴に誰でも参加できるようにやわらかく、ちょっと一息いれつつ、たのしみながら動くネットワークをつくっていきたいと考えています。
葉山の環境保全活動の動きを繋げ拡げていくことに少しでも役にたちたいと願いつつ。

経済の名のもとに安易に自然をお金に替えるという、このサイクルを転換させていくべく、まずは身近なところからいろんなことを軌道修正する動きを地道にチョロチョロやっています。
この環境は人間だけのものでなく、この星に住むすべての命のもの。
地域に関わりながら、地球全体のことにいつも繋がりつつ
人間以外の生き物の立場にたつ動きも大事にもしていけたらと思います。
そしてそれは皆さんも同じでしょう。

このサイトでは葉山やその周辺で起きている自然環境に関わる動きを
できるだけひろって掲載したいとおもっています。


夕焼け

nice time @ Sinnase

これまでのtanezokの活動は

続きを読む

海から山の國へ 

さっそく一息・・
環境問題と選挙でゆれるドトー葉山をちょこっと抜け出しリフレッシュ。
年末年始はドカ雪の新潟の知人の山小屋で過ごしてきました。

熊討ちマタギを長年してきた人の素朴で謙虚な語り口、
玄能鍛冶のおじさんとの古民家での賑やかな餅つき、
雪国の保存食材の滋味、
おいしい水、米
雪に閉ざされた家のなかの、ほどける暖かな薪ストーブ・・

いつも海の見える葉山と対極の、深いふかい山のひとの暮らし。 tane1


斧やかん森

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。